ハクビシンの被害を受けない方法とは|家に侵入されないように対策

メンズ

スズメバチをやっつける

蜂の巣

業者に退治してもらう

スズメバチは、とても獰猛な性質を持っているハチです。人間を刺すハチにはスズメバチ以外にもアシナガバチやミツバチがいますが、スズメバチの攻撃性はそれらのハチとは比較にならないほど高いです。アシナガバチやミツバチの場合は、巣を棒で突いたり手で壊そうとしたりしない限り、ハチの方から人間に襲いかかってくることはまずありません。しかし、スズメバチの場合は違います。人間がスズメバチの巣に近寄っただけで、見張り役のハチが他のハチを招集し、一斉に襲いかかってきます。自分で駆除しようとするとえらい目に遭ってしまう可能性が高いため、多くの人が駆除業者を呼んでスズメバチの巣を撤去してもらっています。スズメバチが一斉に襲いかかってくれば走って逃げたくなるのが当然ですが、スズメバチは動く物を追いかける習性を持っていますので、余計にマズイ状況に陥ってしまいます。ですから、スズメバチの巣を見つけた場合は、不用意に近づいたりせずに、すぐに駆除業者を呼ぶのが一番です。

スズメバチの習性

近年、住宅街でスズメバチの巣が発見されるケースが増えてきました。もともと山や森に住んでいたわけですが、宅地開発などの影響で住む場所が減ってしまい、人間が住む街に移住してきたと言われています。スズメバチは獰猛な性質を持つことで知られていますが、働きバチは秋の終わりに死んでしまいます。女王バチだけが冬眠して越冬します。したがって、冬場にハチ刺されの被害に遭うことはほとんどありません。春先になると、冬眠から覚めた女王バチが新しい巣を作り始めます。初夏くらいまではまだ巣が小さく、働きバチの数も少ないため、割りと簡単に駆除することができます。しかし、8〜9月頃になると繁殖期に入り、スズメバチの凶暴性が最も高くなります。また、この時期には巣がかなり大きくなっているため、完全に駆除するには相当な手間がかかることになります。

このエントリーをはてなブックマークに追加