ハクビシンの被害を受けない方法とは|家に侵入されないように対策

メンズ

周囲に知らせる事も重要

散布作業者

1000匹以上になる事も

近年、刺される被害が増えている「キイロスズメバチ」は、都会でも巣を作ると確認されています。スズメバチといえば林の中など、田舎に生息している蜂と思われがちです。しかし、蜂の種類によっては大都会の中でも、巣を作り生息しています。キイロスズメバチもその中の1種で、最も都会の生活に適応している蜂と言われています。マンションなどのベランダに巣を作るケースも少なくありません。しかも、キイロスズメバチの場合、巣が大きくなると1000匹以上に増えてしまう恐れもあるのです。これだけの蜂が飛び回るようになると、周囲に大きな迷惑をかけてしまいます。蜂の巣を見かけたら近隣トラブルが起こる可能性も考え、素早く退治する事が大切です。

駆除する前に周知する

蜂の巣を退治するという場合は、事前に近隣住民にその旨を伝えておきましょう。巣を退治する時に攻撃性が増した蜂が、たまたま通りかかった人を攻撃してしまう可能性もあります。また、巣がある事を周知しなかった・退治しなかった為に、近隣トラブルにまで発展した事例もあるようです。このような事にならない為にも、巣がある事は必ず周りに伝えるようにしましょう。特に、庭の植え込みなどに巣が作られているという場合、ちょっとした刺激で通行人を刺してしまう恐れがあります。立札などをして「ここに巣がある」という事を、示す事が大切です。専門業者に巣の撤去を依頼しても、取り除くまでに数日かかるケースもあります。その間も巣がある事、そして専門業者に撤去の依頼をしている事などを伝えておけば、無用なトラブルを避けられるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加