ハクビシンの被害を受けない方法とは|家に侵入されないように対策

作業員

忍び込むことを防止

ハクビシン

環境維持のため

ハクビシンは、もともとは日本に生息していなかったことから、かつては珍獣とされていました。一部の地域では天然記念物とされたこともあったのですが、現在では海外から持ち込まれたものが繁殖したことから、珍しい存在ではなくなりました。さらに住宅や田畑によく忍び込むため、多くの人が被害を防ぐための対策に力を入れるようになっています。具体的にはハクビシンは、台所の食べ物や農作物を食べるのです。しかもそれらを探し回る際に、体に寄生しているノミやダニなどをまき散らします。糞を落とすこともあるため、ハクビシンが忍び込んだ場所の衛生状態は、著しく悪くなります。そのため、人間にとっての過ごしやすい環境を維持するために、侵入を阻止する対策が積極的におこなわれているのです。

食糧の入手を困難に

ハクビシンが住宅や田畑に忍び込むのは、食糧を集めるためです。したがって、食糧の入手を困難にすることが、侵入の防止対策となります。具体的には、台所の食べ物を冷蔵庫や棚の中に片づけたり、田畑の農作物の上に網をかぶせたりするのです。また、ハクビシンはドッグフードなども食べるので、ペットを飼っている家庭では、庭などにペットの餌を置かないようにすることも大事です。鳥小屋にいる鶏や小鳥などにも襲い掛かることがあるので、鳥小屋の入り口をしっかりと閉鎖しておくことも肝心です。また、ハクビシンが忍び込んでくる可能性のある場所にハッカ油を塗っておくことも、対策として効果的です。ハッカ油のツンとした匂いを感じ取ると、ハクビシンは警戒してその場から離れていくのです。

蜂の巣

スズメバチをやっつける

スズメバチの巣を見つけた時は、なるべく早く駆除業者を呼んで撤去してもらうのが一番です。巣は4月頃から作り始められ、秋の終わり頃に最大級の大きさになります。巣が小さいうちはハチの数が少なく、凶暴性もそれほど高くないので、比較的簡単に駆除することができます。

困る人

ハトへの対処

鳩対策グッズは、100円ショップで買えるもので、一個人で気軽に対策ができるのです。清潔であることを心がけていれば、すぐに鳩は来ませんが、鳩に悩まされているのならこの方法でしっかり退治できます。

散布作業者

周囲に知らせる事も重要

蜂の種類によっては1000匹以上の、大所帯となってしまうケースもあります。そのまま放置し近隣の人が刺されてしまうと、トラブルになってしまう事があるので注意しましょう。巣がある事だけでなく、退治する時などにも周りの人に伝えておくと、無用なトラブルを避けられます。

このエントリーをはてなブックマークに追加